Untitled Hello World!

商品カテゴリ一覧 > コンテンツ > 絨毯の選び方

ペルシャ絨毯 選び方

ペルシャ絨毯の選び方

ペルシャ絨毯 お勧め 選び方

目次

絨毯の選び方

一言に絨毯選びといっても、お客様の環境は様々です。
ラグステージのハッピーになる絨毯選びを参考にして、素敵な絨毯ライフをお過ごしください。

絨毯の選び方1. 初めてペルシャ絨毯を敷く場所とは

ペルシャ絨毯を最初に敷くのであれば、長く過ごす場所が良いでしょう。
玄関、ソファ前、リビングが絨毯を敷きやすくお勧めです。またシルク絨毯とウール絨毯の特性を知ることで、選択肢を絞ることができます。
あなたと相性のよいペルシャ絨毯はどのような絨毯でしょうか。家の雰囲気に合った絨毯でしょうか。
お気に入りのデザインの絨毯でしょうか。長く付き合う絨毯だからこそ、絨毯選びのポイントを役立てて頂ければと思います。

絨毯の選び方2.素材による違い

  • ペルシャ絨毯 ウール 摩擦
  • ペルシャ絨毯 シルク 摩擦

絨毯には羊の毛(ウール)で作られたものと、絹(シルク)で作られたものがあります。
  シルクはウールに比べてデリケートな素材です。そのため、ウールの絨毯は人がよく過ごす場所に敷いて、シルクの絨毯はプライベートな空間やおもてなしの空間(ベッドルーム・書斎・玄関・応接室)に敷くことをお勧めしています。
食卓テーブルでイスを動かす場合、絨毯とイスとの間で強い摩擦が起きます。強い摩擦が起きる場所ではウール素材のものが良いでしょう。
またソファの足やタンスなどの重い家具などを上に置いても問題ありません。軽く蒸気を当ててあげることで重さで寝てしまったパイルが起き上がります。ペルシャ絨毯のウール、パキスタン絨毯、ギャッべ絨毯などはウール素材で制作されています。
全体的にウールの絨毯はシルクの絨毯に比べて厚いです。それはウールの絨毯がシルクの絨毯よりも太い糸で作られているためです。
細かく織られたシルクの絨毯は、ウールの絨毯よりもデザインを鮮明に見ることができます。
また、シルクの絨毯は表面に光沢があり、見る角度によって様々な表情を見せてくれます。ウールの絨毯の中にも、シルクを部分的に織りんで作られていることがよくあります。デザインのポイントに白いシルクを入れることで部分的にアクセントを持たせています。

絨毯の選び方3.部屋に合う絨毯の選び方とは

場所とサイズを決める

絨毯を敷いた時の家具の配置をあらかじめ決めておくことが大切です。
絨毯だけみて決めると、場所に対して大きすぎたり小さすぎたりと不格好になってしまいます。ひと手間かけて前準備をしておくことで簡単に失敗を防ぐことができます。
部屋のインテリアを考える際、お気に入りのペルシャ絨毯に家具を合わせ直す方もいます。

絨毯の色味の決め方

2-1:部屋を広く見せる
床、壁、天井の順番に明るい色へすることで、部屋が一回り広く見えるようになります。

2-2:同系色で色を合わせる
左画像を参考にしてみましょう。インテリアの色と絨毯の色を見比べると赤茶系統の色味が多いことが分かります。
床の色も配慮してください。絨毯の色を他のインテリアの色に合わせることで部屋に一体感が生まれています。
また、小物で色にアクセントをだすことで部屋の印象が引き締めることができます。

季節によって色を選ぶ

絨毯は一年中敷いて頂いて楽しんで頂けます。
夏には寒色系のブルーやベージュの絨毯を、冬には暖色系のレッド、オレンジ、イエローの絨毯へすることで、視覚的に涼しさや暖かさを演出することができます。
暖炉の近くに暖色系の絨毯が敷かれていることが多いのもこのためです。

  • ペルシャ絨毯 インテリア 広間 写真

    ラグステージイメージ写真
    使用絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
    産地:ケルマン
    インテリアの赤茶色と絨毯が同系色でまとまっています。
    シックでありながらもゴージャスな雰囲気が伝わってきます。

  • ペルシャ絨毯 インテリア お勧め 写真

    ラグステージイメージ写真
    使用絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
    産地:ナイン
    照明は部屋の印象を決める大きな役割を持っています。やや黄味がかった暖かな色が高級感を演出しています。また、料理が美味しく、顔色もきれいに見えます。絨毯の白とソファ、壁が同系色でまとまっています。

  • ペルシャ絨毯 インテリア 同系色 写真

    ラグステージイメージ写真
    使用絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
    産地:タブリーズ マヒ柄
    部屋全体が同系色で上品にまとまっています。
    ゼブラ柄のイスが部屋の印象を引き締めています。

  • ペルシャ絨毯 インテリア 社長室 写真

    ラグステージイメージ写真
    使用絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
    産地:タブリーズ
    絨毯はピンクとベージュでゴージャスですが、実際に敷いてみると壁のベージュと同系色でマッチしています。少し暗めの部屋には派手な絨毯も落ち着いた雰囲気になります。

ペルシャ絨毯をデザインから2種類に分ける

ペルシャ絨毯 派手 デザイン

藝術性の高いペルシャ絨毯

都市部でつくられるペルシャ絨毯は、まず手書きでデザイン画が描かれます。その下絵を基に職人によって絨毯が織られます。
特徴としては曲線的なデザインが多いことでしょう。
植物をモチーフにしたデザインを豊富に取り入れています。
これはモスクなどの有名な歴史的建物にも取り入れられている文様です。また、絨毯の品質が高く、結びの細かい絨毯が見られることも特徴でしょう。
昔からペルシャ絨毯として有名なのは曲線を多用したデザインの細かい都市部でつくられる絨毯です。

上の画像の絨毯はシルクの絨毯の中でも非常に有名なブランド品です。中央にある茶色の絨毯がクム産地のビグデリ工房です。
画面下がラジャビアン工房です。それぞれ工房のデザインに特徴があります。画面の上の絨毯は、シルクの絨毯では少し見かけることが少なくなったパイルの長いシルク絨毯です。
素晴らしい装飾のデザインが絨毯に込められています。
既存のデザインを少し変えることや、オリジナルのデザインを生み出すことで新しいデザインの世界が構築されています。
イランには絨毯のデザインの専門学校があるように、伝統が若い人へと受け継がれることで日々ペルシャ絨毯は進化しています。
右の画面の絨毯はウールとシルクで織られています。
イスファハン産地のダーヴァリー工房の絨毯です。ゴールドとブラックの色調はダーヴァリー工房の一つの特徴です。
このようにデザイナーの下絵を基に織られる絨毯には曲線や植物をモチーフにデザインされたものが多く見られます。

ペルシャ絨毯 クム産地 ビグデリ工房
ペルシャ絨毯 柄 アップ

左画像は絨毯の文様のアップです。花の表現方法も多彩です。

遊牧民族が生み出すペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯 遊牧民 デザイン

遊牧民によって生み出される絨毯は幾何学的な直線模様が多用されています。また近年ではデザインを基に織られることがあります。
遊牧民の生活の中で織られる絨毯は、素朴な味わいと温かみのあるデザインが印象的です。シラーズ、ヤラメ、ハメダン、トルクメン、バルーチなどの産地がよく知られています。上画面の壁掛け中央の絨毯はセーナという産地の絨毯です。
ウールの絨毯で結びも細かく、将来アンティーク絨毯になる可能性がある質の高い絨毯です。日本で有名な産地のものは一般的な実用品としてよく知られています。このようにあまり日本で知られていない産地にも素晴らしい絨毯が数多くあります。

絨毯の選び方4.産地による絨毯の特徴

絨毯のデザインは産地ごとに傾向があります。こちらでは特に人気の絨毯をご紹介しております。また、こちらで紹介できなかった産地やデザインにおきましては、ペルシャ絨毯豆知識集へ集約しておりますので是非ご覧ください。

ペルシャ絨毯 シルク

クム産地

ペルシャ絨毯 クム産地

絨毯の詳細情報:ペルシャ絨毯 シルク クム産 マスミ工房 ノット数11×11
※ノット数は1cm×1cmの結びの数

ペルシャ絨毯 シルク製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1930年代〜
人気産地の理由
シルク絨毯の有名産地で、シルク絨毯=クム産の絨毯というほどに有名です。ウールの絨毯にはない見た目の綺麗さ・光沢が魅力です。さらに、クムの絨毯はデザインの種類が非常に豊富で、腕利きのデザイナーも多く集まっています。
デザイン
各産地の技術やデザインから最良の技術と意匠を取り入れ新しいデザインの世界を生み出しています。日本において最も人気のあるペルシャ絨毯産地の一つです。
厚さ
4mm程度
有名工房
ラジャビアン・ババイ・マスミ・ジェッディ・ジャムシディ・ビグデリ

シルクの光沢

シルクの輝きは宝石のようで見る者に感動を与えてくれます。ペルシャ絨毯に使用されるシルクは、カスピ海南西で生産されています。
また、この地で生産されるシルクは良質で光沢があります。
ペルシャ絨毯のシルクが光沢に上品さがあり、触れた時の感触が良いのはこのためでしょう。

  • ペルシャ絨毯 シルクの光沢
  • ペルシャ絨毯 シルクの光沢
  • ペルシャ絨毯 シルクの光沢

ノット数

ペルシャ絨毯 ノット数

細かく結ばれた絨毯はデザインが鮮明で、特に曲線のデザインが綺麗に見えます。またパイルを薄く刈りこむことができます。
そのため絨毯の厚さを見ることでも絨毯の品質が分かります。
結びの数を数えることで、絨毯を作る際の手間が分かります。
織り手は一日に平均2500ノットほど結ぶことができると言われています。
これは結びの違いや、デザインによって大きく違ってきます。
例えば太い糸で、同じ色の結びが多い絨毯であれば大きな絨毯を早く制作することができます。

しかし、細い糸で、細かいデザインが絨毯全体にある場合は、色が変わる度に糸を変えて結び、そしてデザインを毎回確認しながら正確に結び続ける必要があります。これは熟練した技術をもつ職人によって結ばれます。 シルク製絨毯はウール製絨毯と比べた場合に、織りの細かいものが多くつくられます。
そのためデザインもはっきりと綺麗に見ることができます。結びの細かさが絨毯の品質を決める一つのポイントです。

ナイン産地

ペルシャ絨毯 ウール製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1920年代〜
人気産地の理由
「正統派デザインで場所を選ばない」
ナイン産の絨毯は部屋に合わせやすいため人気です。ベージュ・クリーム色を基調とした淡い色でデザインされていることで長く使っても飽きがこないからでしょう。柔らかな羊毛をベースにシルクを織り混ぜた緻密な技法用いており、シルクを織り混ぜることで、 絨毯のデザインが立体的にみえます。
デザインは昔からある有名なもので構成されています。古典的なデザインの変わらぬ魅力に、イスラム芸術の素晴らしさを改めて感じることができます。
デザイン
メダリオンを中心とした、エスリミ(渦を巻いたツタの様な文様)が特徴です。
エスリミはモスクを始めとした歴史的建造物に必ず描かれる文様で、「永遠の生命」を意味しています。また、花の側断図の文様をシャーアッバシーと呼びます。
厚さ
ノーラ(9la)7〜10mm
シシラ(6la)5〜6mm
品質
ノーラ<シシラ<チャハラ
縦糸が少ないほど、縦糸が細くなります。
それだけ結びも細かくなっていきます。

ノーラ(9la)
縦糸が9本の糸であることで見分けることができます。

シシラ(6la)
デザインが細かく鮮明に見てとれます。房を一本摘まんだときに3本の糸で紡いであり縦糸を6本で撚っています。ノーラと比較した場合、細い糸で結んでいるため絨毯は薄く、触り心地もきめ細かいため滑らかです。

チャハラ(4la)
実用品というよりは藝術品に近いでしょう。房を一本摘まんだときに2本の糸で紡いであり、縦糸を4本で撚っています。シシラよりも絨毯の厚みは糸が細いため薄いです。
有名工房
ハビビアン工房
ペルシャ絨毯 ナイン 写真 全体
ペルシャ絨毯 ウール ナイン 写真 質感
ペルシャ絨毯 ウール ナイン産 写真 アップ

ラグステージ商品写真
紹介絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
産地:ナイン
ノット数:9×7 シシラ(6la)

タブリーズ産地

ペルシャ絨毯 ウール製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1700年代〜
人気産地の理由
「細かいデザインで実用的」
タブリーズ産地ではマヒ柄の絨毯が有名です。
マヒ柄の絨毯は細かいデザインが絨毯全体にあり、部屋に合わせやすいことから人気があります。また、落ち着いた配色も人気の理由でしょう。汚れも目立ちにくい色合いが多く実用的です。また、この地は絵画絨毯の産地としても有名で多くの工房が集まっています。絵画絨毯は主に動物や景色をデザインに取り入れられてきました。
デザイン
リーズマヒやマヒ文様で有名です。マヒ柄は絨毯をよく見ると魚と小花の文様があります。タブリーズの絨毯はデザインのバリエーションが豊富で、この他にも多くのデザインが存在します。

セブンカラー
persian(ハーフマツ):
コーナーから数えて7色の色彩を用いて織られた絨毯。ファイブカラーに比べると品質が高い場合が多いです。

ファイブカラー:
コーナーから数えて5色の色彩を用いて織られた絨毯です。
厚さ
6mm〜10mm
品質
ラージ:
約7cm間にある結びの数50〜120ラージまであり数字が大きいほど細かく品質の高い絨毯です。
有名工房
シルファール工房
ベナム工房
アリナサブ工房
ペルシャ絨毯 タブリーズ 写真 全体
ペルシャ絨毯 タブリーズ 写真 質感
ペルシャ絨毯 タブリーズ 写真 アップ

ラグステージ商品写真
紹介絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
産地:タブリーズ リーズマヒ柄
ノット数:7×7

イスファハン産地

ペルシャ絨毯 ウール製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1600年代〜
人気産地の理由
「愛されるデザインと品質の高さ」
イスファハンの絨毯は世界中のペルシャ絨毯ファンから愛されています。この産地の絨毯は最高級品の一つとされています。イランにおいても特に人気のある絨毯です。
材料や染色、デザインにこだわり、ペルシャ絨毯のあるべき姿を守っています。一般的な日本家屋のインテリアに合うというよりは、イスファハンの絨毯に家具を合わせるという感じでしょうか。また他のウール製絨毯の産地と比べると薄い絨毯が多いです。これは細かく織られた絨毯が多いためです。また結びもしっかりとしているために、オールド絨毯、アンティーク絨毯の産地としても有名です。
デザイン
繊細で華麗な色調、伝統を守りながら自然界の美しさと生命力を用いたデザインで有名です。また、ペルシャ絨毯の代名詞と呼ばれるほど歴史があります。
厚さ
3mm〜7mm
絨毯の細かさ
ヘフト(サッタイ):
イスファハンの絨毯の織りの細かさを表します。絨毯と房の間(ギリム)に縦線が入っています。この部分に縦線が書いてあります。イスファハンの絨毯の80%程度の絨毯にこの線が書いてあります。

12ヘフト:良い品質
ノット数8×8

14ヘフト:非常に良い品質 ヘクマット・ネジャド工房
ノット数10×10

16ヘフト:最高品質
セイラフィアン工房
ノット数11×11

18ヘフト:
実用品というより藝術品に近いでしょう。
有名工房
セイラフィアン工房
ヘクマット・ネジャド工房
ダーヴァリー工房
ダルダシディ工房
ペルシャ絨毯 イスファハン 写真 全体
ペルシャ絨毯 イスファハン 写真 質感
ペルシャ絨毯 イスファハン 写真 アップ

ラグステージ商品写真
紹介絨毯:ペルシャ絨毯 ウール
産地:イスファハン セイラフィアン工房
ノット数:11×11

パキスタン絨毯

ペルシャ絨毯 ウール製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1550年代〜
人気産地の理由
「軽い・丈夫 実用的な絨毯」
デザインが主張しすぎないため、インテリアに合わせやすいです。色彩も淡いソフトな色合いであることから日本人好みと言えるでしょう。また、絨毯が軽く丈夫なため、キリムなどの薄い絨毯からの買い替えも多いです。この軽さの理由はシングルノットで織られているためです。また、ホットカーペットのカバーとしても調度よく、細かく織られているため肌触りも良いです。
デザイン
幾何学文様(ボハラ)が有名で多くの絨毯に連続してデザインされています。品質の高いパキスタン絨毯は表面に光沢があり、織りも細かく触り心地も滑らかです。
厚さ
8mm〜10mm
品質
コマーシャルクラス<ラホール産<カフディアン工房<FINE JALDAR
ノット数は1インチ×1インチ(2.54cm)の結びの数

コマーシャルクラス
パキスタンウール100%
ノット数:9×16
仕上げ:フルウォッシュ

ラホール産 パキスタン&ニュージーランドウール
ノット数:9×18
仕上げ:フルウォッシュ

カフカディアン工房
ニュージーランドウール100%
ノット数:9×18
仕上げ:フルウォッシュ

FINE JALDAR(トップクオリティ)
ノット数:12×24
仕上げ:ハーフウォッシュ
補足説明
ウールの品質と仕上げの違い
パキスタンウールは食肉用の羊のウールを用いています。ニュージーランドウールは絨毯用に品種改良された羊のウールのことです。フルウォッシュで仕上げた絨毯は滅菌され、購入時から触り心地が良くなります。これは毛が柔らかくなるためです。一方で滅菌によって絨毯の寿命は短くなります。ハーフウォッシュで仕上げたFINE JALDAR(トップクオリティ)の絨毯は使用と共にウールが柔らかくなり、肌触りもパキスタン絨毯の中で最も良くなります。また長くお使い頂けます。
※ノット数は絨毯によって多少の誤差がございます。ハンドメイドのためご理解のほどよろしくお願いいたします。
パキスタン絨毯 写真 全体
パキスタン絨毯 写真 質感
パキスタン絨毯 写真 アップ
パキスタン絨毯 写真 質感

ラグステージ商品写真
絨毯の種類:パキスタン絨毯 FINE JALDAR
ノット数:約12×24
(ノット数は1インチ×1インチ(2.54cm))

ギャッべ

ペルシャ絨毯 ギャッべ ウール製絨毯の有名産地

絨毯の制作
1970年代〜
人気産地の理由
「素朴で可愛い分厚い絨毯」
ギャッべとはペルシャ語で「粗い」、「毛足の長い」という意味があり、その名の通り結びが粗いため毛足が長く厚みがあります。また近年になり単色以外にも様々な文様の入った絨毯が作られるようになりました。ギャッべは山岳地方の遊牧民族によって作られます。
100%草木染めのため染色にムラがでているのですが、色ムラが手作りの雰囲気を漂わせてくれます。これによって温かみのある素朴な仕上がりになります。ホワイト、ベージュのギャッべは染色せずに作られるため、触り心地が少し柔らかいと言われています。
デザイン
自然の中で織られるギャッべは、シラーズ州を遊牧する部族(カシュガイ族など)が、テントの中で敷いて使うために生み出した手織り絨毯です。地面に直接敷いて使うため、ギャッべは織りが粗くフカフカです。ギャッべはデザインを紙などに一切書かず、頭のイメージのみで絨毯を織っていきます。そのため、デザインはシンプルなのに対し、素材の色ムラやデザインの歪みがアクセントになり多くの人が魅了されたのではないでしょうか。
近年では、質の高いギャッべ(結びが細かく薄い)が、ゾランヴァリ社によってプロデュースされ、「ギャッべ」は世界的に知られるようになりました。ペルシャ絨毯と比べれば結びは粗いですが、可愛いデザインと厚みのある絨毯として日本でも人気が高まっています。
厚さ
1cm〜3cm
絨毯の細かさ
ノット数1cm×1cm
2×2〜3×3
※当店取り扱いはペルシャ ギャッべをメインに取り扱っております。細かいギャッべもご用意しております。
ギャッべ ギャベ 写真 全体
ギャッべ ギャベ 写真 アップ
ギャッべ ぎゃべ 写真 質感

ページトップへ

ペルシャ絨毯 お問い合わせ 電話